上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏バテ防止にも!!栄養ドリンクの成分と効果的な飲み方


どうも みなさん おはようございます 今日もブログの閲覧 ほんまありがとうございます

今日は 
夏バテ防止にも!!栄養ドリンクの成分と効果的な飲み方を紹介します




最近 暑くなってきて 疲れが溜まってきてるよ~とか。仕事が 忙しくて つい栄養ドリンクを飲んでしまうよ~なんて人は 多いですよね





けど 本当に栄養ドリンク 成分の効果わかります?


なんとなく 体によさそう とか 宣伝しているから。そんなことでは もったいない。
ネットで調べてみたら 僕も知らないことがあって びっくりしました。




よかったら、参考にしてくださいね






栄養ドリンクは
一般的には各種ビタミンやアミノエチルスルホン酸(タウリン)などの有効成分、カフェイン、漢方生薬を複数配合し、肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害などの場合の栄養補給に適しているとされるものが多いですね。


但し、配合成分は薬理的に顕著な作用が見られるほどのものではなく、個人差が大きいそうです。


ちなみに タウリン1000mg配合とかありますが、1000mg=1gなんです。
1000gと聞くと すごく多く入っている気がしますが ごまかされないようにしましょうね。





では有名な有効成分について 簡単に説明したいと思います
 

1)タウリン

 
タウリンはアミノ酸の一種で 魚介類・特に貝類・イカ・タコ・魚のに多く含まれます。
 
高血圧予防・コレステロールの低下・心臓機能の強化などに効果がある成分です。
 

タウリンは肝臓で胆汁酸分泌を促し、肝細胞の再生をさせる働きもあります。
胆汁酸にはコレステロールを排泄させる働きもあり、体内のコレステロールを減少させます。






2)ローヤルゼリー
働き蜂の40倍も長生きする女王蜂の生涯において、唯一のエネルギー源でもある。なお日本語では、王乳とも称される。そして、このロイヤルゼリーは蜂蜜とは比較にならないほど多くのビタミン類、ミネラル、アミノ酸が含まれており、高タンパクで様々な栄養素を含んでいるんだとか

ローヤルゼリーは老化そのものを防止する効果があります。
   
またローヤルゼリーには分子量が35万という糖タンパク質があり、これが細胞の寿命を延ばす
   
ことが分かってきました。
   
臨床的にも衰えた新陳代謝を活発にして食欲不振や正気を回復することが分かっています。
   
動悸、息切れ、不整脈、心臓神経症、更年期障害などの改善もあるようです。






3)ニンジンエキス-P
   
末梢の血行促進作用
薬用人参は、古くから中国で、万能薬として珍重されてきました。とりわけ山に自生する、山人参
(やまにんじん)は、山参(さんじん)と呼ばれ、見つかることが稀なため「神の草」ともいわれたほどです。


4)ビタミンB1硝酸塩   【ビタミンB1硝酸塩=硝酸チアミン】

ビタミンB1の働きたらきは、糖質を分解する酵素を助け、エネルギーに変えます。疲労回復に
重要なビタミンです。

一般にビタミンB1が不足すると、糖質のエネルギー代謝が悪くなり、疲れやすくなったり、さらに
手足のしびれ、むくみ、動悸などといった症状が現れます。





5)ビタミンB6

細胞の新陳代謝を促進、成長促進、性欲増進、組織の修復、脂漏性皮膚炎、舌炎、胃炎、
貧血に効果的。





6)ビタミンB2(リボフラビン)

細胞の再生や成長を促進するはたらきのあるビタミンで、健康な皮膚、髪、爪をつくります。
   
そのほか、脂質の代謝を促進し、糖質の代謝にも関係しています。ビタミンB2が不足すると、
脂質の代謝がスムーズにいかず、エネルギーになりにくくなります。


また、ビタミンB2は粘膜を保護するはたらきもあるので、不足すると口内炎、口角炎、目の充血、
角膜炎などを起こします。






7)塩化カルニチン

生体内に存在する有機酸の一種で、その働きは必ずしも明らかにされてはいませんが、胃液分泌を促す、胃の運動を高める、胃壁の循環血流を増すなどの作用があるとされ、胃の働きの低下や食欲不振の改善を期待して、胃腸薬や滋養強壮保健薬に用いられます。


8)ガラナ

ガラナを摂ってから数分で、脳の大脳新皮質を強く興奮させます。眠気や疲労感を忘れさせ、頭の回転を速くし、気分を爽快にさせます。自然に口数が多くなり、社交的にもなります。集中力が高まる作用をあります。







9)パンピ

ハンピは、マムシから取れる生薬で、古くから強壮強精、新陳代謝の良薬として知られてきました。漢方では強壮・解毒作用を期待して酒に漬け、全身の衰弱や内臓機能の衰え・できもの・しびれ・脳卒中後の麻痺・痔疾などに用います。民間療法では黒焼きやマムシ酒にして、疲労回復や冷え症(冷え性)などにも用いられています。最近の研究ではハンピの有効成分に、強心作用、血球数および血色素を増加させる作用があることがわかっています


10)マカ
マカ効果マニュアル
マカとは南米のペルーにあるアンデス山脈の高地で栽培される植物です。

マカにはアルギニンなどのアミノ酸や、ビタミンB群、カルシウム、
鉄、亜鉛などのミネラルが豊富に含まれています。
ストレス解消、疲労回復、免疫力アップ
マカ効果にストレス解消、疲労回復、免疫力アップがあるといわれています。
マカにはビタミンやミネラル、カルシウム、アミノ酸などが豊富に
含まれているので、ホルモンバランスを正常化するらしいです。



いかがでしたでしょうか?まだまだ 有効成分はありますが 今回は 有名なものを紹介しました




少し長くなってきたので 飲み方については その②で説明したいと 思います。
次回も お楽しみに























Secret

TrackBackURL
→http://koujipirako.blog13.fc2.com/tb.php/265-310a1b58
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。